経理業務だけじゃないクラウド会計を導入するメリット!おすすめシステムから連携事例まで

目次

クラウド会計ソフトとは?

クラウド会計とはインターネット経由でアクセスして会計業務を行えるソフトになります。
従来の会計ソフトは、ソフトウェアのライセンスを購入しアプリケーションをパソコンにインストールして使用するのが一般的でした。
クラウド会計では、インターネット経由で会計業務を行えるため就業場所に関わらず会計業務を行えるようになります。

クラウド会計メリット

クラウド会計とはインターネット経由でアクセスして会計業務を行えるソフトになります。
従来の会計ソフトは、ソフトウェアのライセンスを購入しアプリケーションをパソコンにインストールして使用するのが一般的でした。
クラウド会計では、インターネット経由で会計業務を行えるため就業場所に関わらず会計業務を行えるようになります。

複数人で会計業務

従来の会計ソフトでは、複数人で会計業務を行う場合に各PCにソフトウェアをインストールし別途データを保管するサーバーを設置し各PCからアクセスする必要がありましたがクラウド会計ではユーザーアカウントを発行するだけで済むので会計や経理業務の担当者が増減した場合でも柔軟に対応可能です。
他にも会計データの確認などで、会計ソフトにアクセスしたい場合でもユーザーアカウントを発行すればよいため、都度都度業務の担当者に確認する必要も無くなります。

場所を問わずの会計業務の可能

クラウド会計を導入することで場所を問わずに会計業務を行えるようになります。
リモートワークへの対応や多拠点での会計業務も問題なく行えます。
またクラウド会計を利用することで、会計業務のアウトソーシングも円滑に導入することが可能です。

常に最新のソフトウェアの利用可能

従来の会計ソフトでは、ソフトウェアのアップデートするには別途ソフトウェアライセンスを購入し、PCにインストールする必要がありました。
クラウド会計では常に最新のソフトウェアがインストールされる為、ソフトウェアのバージョンを気にせずに利用できます。

法改正への対応

クラウド会計では常に最新のソフトウェアを利用でき、法改正に伴う機能追加も自動で行われます。

連携機能

クラウド会計では他ソフトウェアとの連携機能を搭載しているソフトウェアも多くあります。
請求書管理システムから経理の支払・計上処理を自動で行ったり、販売管理システムと連携することで売上データや仕入データを自動で仕訳を行うことなど様々な業務を自動化できます。

クラウド会計ソフト導入のポイント

クラウド会計ソフトと一口に言ってもそれぞれのサービスの機能やプランに違いがあるので、導入にあたっては最適なサービスを選択する必要があります。

搭載機能

一口に会計ソフトといっても、サポートされている機能や対応する業務範囲は違います。
グラウド会計を導入することで実現したい機能や現在の業務フローを整理して会計ソフトを選定する必要があります。

自社システムとの連携

クラウド会計ソフトにおいて自社の他の経理やCRM、請求など様々なシステムと連携することで会計業務を効率化することで出来ます。
事前に会計ソフトと連携できるソフトウェアを把握しておく必要があります。

会計ソフトの代表的なサービス

MoneyForwardクラウド会計

マネーフォワードクラウド会計とは、確定申告はもちろん、経理や人事労務までの面倒な業務を効率化することができる、クラウド型の会計ソフトです。
同社のマネーフォワードシリーズの様々なサービスやその他、幅広いサービスとの連携でき会計業務のDX化を推進できます。

クラウド会計freee

クラウド会計freeeとは、個人事業主から中小企業までに対応したバックオフィスをリモートで行える会計ソフトです。
幅広い業務の対応範囲と様々なサービスとの連携機能を搭載している代表的なクラウド会計ソフトです。

ジョブカン会計

ジョブカン会計とは、多機能で使いやすいクラウド会計ソフトです。
経費精算システム、ワークフロー、労務管理システムなど様々ジョブカンシリーズとの連携や充実したサポート体制が特徴です。

クラウド会計ソフトの導入事例

下記の事例は顧客管理システムと請求・会計システムを連携させた事例です。
顧客管理システムの情報を基に請求書を発行し、マネーフォワード クラウド会計・確定申告に請求書の仕訳が反映されます。
また実際の入金予定・状況を会計システムと顧客管理システム連携させ確認できるようにし入金漏れへの対応を自動化できます。

クラウド会計システムの導入ならお任せ下さい

クラウド会計システムを導入することで、会計業務の自動化や多拠点対応や法改正への対応など会計業務のDX化を実現することが出来ます。
しかしクラウド会計システムの導入効果を最大限発揮する為には、要件定義から適切な製品の選定・運用までを円滑に行う必要があり、選定だけでも多くの時間が掛かってしまう場合も少なくありません。
SaaSisではクラウド会計システムの導入をはじめ、様々な業界でのシステム開発やシステム連携の実績がございます。
SaaSisでは特定の製品に捉われない全体最適化の視点で、クラウド会計システムのご提案が可能です。
御社のシステムにもクラウド会計システムを導入してみませんか?
クラウド会計システムの事なら是非一度お気軽にお問い合わせください。

  • URLをコピーしました!
目次