ERPとは?解説から導入事例まで

目次

ERPとは?

ERPは「Enterprise Resource Planning」の略です、他にも統合基幹システムやERPパッケージ、ERPシステムなどの呼び方をされる場合もあります。
ERPは会計、人事、調達、顧客管理、販売、生産、会計、財務など企業の様々なデータやビジネスプロセスを一元管理・活用するためのシステムを指します。
ERPを利用することで、企業は複数の部門の多岐に渡るデータを統合し、経営指標に反映させたり素早い意思決定を実現することができます。

主なERPの機能

ERPは提供している製品によって機能に差異はありますが、以下の6つを主要な機能として実装しています。

  • 財務・会計管理
  • 人事・給与管理
  • 購買・調達管理
  • 販売在庫管理
  • 営業管理
  • 生産管理

また一口に財務・会計管理といっても仕訳、予算、キャッシュフロー管理、決算資料レポートの出力など機能は多岐に渡り、製品毎に差異があります。
また他にも業種毎に複数のモジュールがあり、それぞれが異なるビジネスプロセスに対応しています。

ERPの提供形式

ERPの提供形式は多くの場合下記の2つに分けられます

クラウドERP

クラウドERPは提供ベンダーがインターネットを通じて、システムを利用企業に提供する方式です。
同方式ではERPを導入するために必要なハードウェアやソフトウェアを購入する必要がなく、インターネット接続によってどこからでもアクセス可能です。
クラウドERPは、サーバーやアプリケーションなどのインフラを管理するためのコストやリソースも必要ありません。
またベンダーによってはプライベートクラウドと呼ばれる利用企業専用のクラウドサーバー上を経由して提供方式を利用可能な場合もあります。
プライベートクラウド上に構築することで、利用企業のセキュリティーポリシーを反映したり企業に合わせたクラウド環境を構築することが可能です。
また一般的にクラウドERPは、初期費用を抑えれる代わりに月額または年額の固定料金が高めに設定されている傾向があります。
クラウドERPはインフラ基盤を持たない企業や初期費用を抑えたい企業に最適ですが、インターネット環境によっては利用に問題が発生する場合もあります。

オンプレミスERP

オンプレミスERPは企業が自社のサーバーやデータセンターにERPを導入し、自社サーバーやデータセンター経由で利用者に提供する方式になります。
同方式では、企業がERPシステムを導入するために必要なハードウェアやERPライセンスを導入費用が高くなりがちです。また、インフラの管理やメンテナンスも企業が行う必要があります。
反面、オンプレミスERPではクラウドERPと比べて月額ないし年額の固定料金を抑えれる傾向があり、企業独自の構築や拡張などが可能になりより強固なセキュリティーポリシーも設定可能になります。

ERPのメリット・デメリット

ERPを導入することで企業は様々なメリットを享受できますが、反面デメリットも存在します。

以下ERPのメリット・デメリットになります。

メリット

  • 業務の効率化
    ERPを導入することでビジネスプロセスを標準化しデータを連携させることで、業務効率を 向上させることが可能です。
  • リアルタイム情報共有
    企業内の情報を統合的に管理することで、情報の共有を容易にします。
  • データ可視化
    データが統合的に管理されている為、即座にデータを可視化することができリアルタイム経営を実現することができます。
  • ビジネスの拡大支援
    ビジネスプロセスを標準化し、データを統合的に管理することで企業の成長を容易にできます。 また企業のニーズに応じて、拡張機能やモジュールを通じて新しい機能を提供することも出来ます。

デメリット

  • コスト
    一般的にERPの導入には高額な費用が発生する場合が多く、導入コンサル費用やクラウドであればシステム利用料、オンプレミスではればハードウェアやソフトウェアライセンス、保守費用などの費用が発生します。
  • システム選定
    ERPの導入にあたってはすべてのビジネスの業務フローと必要機能を確認する必要があります。 またその上で国内外で何十種類あるERPとそれに付帯するオプションやパッケージなどから最適なERPを選定する必要があります。 業務に合わないERPシステムを選定をした場合、利用していない機能に高額なライセンスを費用を支払ったり、大規模なカスタマイズ費用が発生する場合があります。
  • 導入問題
    ERPを導入することで、すべての業務のシステムを入れ替えることになる為、導入には長い期間を有する場合があります。 システムやデータ移行やユーザートレーニングなど導入にあたってはERPを導入する様々なタスクが発生します。 また導入初期では、旧システムと同時運用する場合もあり業務効率が低下する可能性もあります。

ERPの代表的なサービス

Microsoft Dynamics365

Microsoft Dynamics 365は、Microsoft が提供している大企業向けのビジネスアプリケーションです。2019年6月時点で約196か国22万社に導入されていて、使い慣れているOfficeなどMicrosoftとの他サービスとの連携の容易性が最大のメリットです。
また業種毎にサービスを提供しており、顧客ニーズに合ったERPを提供しています。
https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/

SAP

40万社以上に導入されている最大手ERPです。
顧客ニーズに合わせて4つのパッケージを用意しておりデータの処理能力や導入形式、機能、コストなどに違いがあります、また業種に合わせてモジュール機能を用意しており様々な業界・業種に対応しています。
https://www.sap.com/japan/products/erp.html

OBIC7

OBIC7は、企業の会計や予算、顧客、営業管理に至るまで、経営に必要な情報を一元管理する国産ERPです。
様々な業種別に特化したソリューションを提供している他、単体でのシステム導入にも対応しており他システムとの連携することも可能です。

SaaSisが提案するSaaS連携による基幹システム

ERPを導入することで企業は様々なメリットを享受することが出来ますが、高額なコストや使い勝手、導入ハードルの様々な問題があります。
SaaSisでは複数のSaaSを導入し連携させることでERPの世界観と同等の機能を提供するサービスを提供しています。
SaaS連携による基幹システムの構築をすることでERPシステムと比べて以下のメリットがあります。

  • コスト
    個々に必要な機能とライセンスで契約することで、コストを抑えることが可能です。
  • 導入容易性
    SaaS連携によって基幹システムを構築する場合では、業務プロセス毎にSaaSを導入する為全体のシステムを更新する必要があるERPシステムと比べて導入ハードルを下げることが可能です。 また必要に応じて一部既存システムをそのまま使い続けることも可能です。
  • 変更容易性
    もしシステムを変更したい場合や新しくシステムを導入する場合でも、対象のシステムだけを置き換えることが可能で、変更への労力が最小限にすることができます。
  • 保守管理
    SaaSでは提供事業者がサービスのメンテナンスを行うため、保守管理やメンテナンスの手間がなくなります。 また提供事業者がサービスを続けている限り利用が可能にな為、サポート切れの心配もなく新しい機能追加もなされるので、利便性の向上も期待できます。

SaaSisが提供するSaaS連携による基幹システムの導入事例

SaaSisではSaaS連携によって基幹システムの世界感を構築することが可能です。
下記導入事例では複数SaaSを導入し連携させることで、データの相互連携と可視化を実現しています。
入力した顧客データは自動で、マーケティングツールと同期され活用ができ、請求や納品などのデータは会計システムと自動連携し顧客管理システムからいつでも確認が可能です。
また各データはDWHに統合し一元管理でき、BIツールを通じて可視化されます。

基幹システムの導入ならお任せ下さい

SaaSisでは特定のSaaS製品に拘らずに、フラットな目線で最適なSaaS連携による基幹システムのご提案が可能です。
またSaaSの拡張性や実績など様々なSaaSに関する知見を基に、機能要件だけではない様々な視点によるSaaSの選定基準を有しています。
SaaSiでは全体最適化の視点で、基幹システムのご提案が可能です。
基幹システムの事なら是非一度お気軽にお問い合わせください。

  • URLをコピーしました!
目次