BI(Business Intelligence)ツールとは?解説から導入事例まで

目次

BIとは?

BIはBusiness Intelligenceの略で、企業の営業・会計・生産・販売・人事などの様々なデータを収集・蓄積・分析・可視化することによって、組織の迅速な意思決定の支援する手法や技術を言います。

BIツールとは?

BIツールは「BIとは?」のような円滑な意思決定を支援する為の各種機能を備えたシステムになります。
各ツールによって様々な機能を搭載していますが、主に以下の3点の機能を搭載しています。

  1. データの収集・蓄積・統合
  2. データの集計・分析
  3. データの可視化

以下それぞれ内容になります。

1.データの収集・蓄積・統合

データベースやCSVなどの各種ツールとの情報連携や複数のデータソースとのデータ統合機能、データの蓄積機能になります。
企業にそれぞれのデータが保存されていれると、全体の事業や業務の把握が出来ませんし、手動でそれぞれ集計すると膨大な時間が必要になります。
それらのデータを1つに収集・統合することで分析に活かすことが可能になります。

2.データの集計・分析

また収集・蓄積したデータは必要な情報のみを抽出する必要があります。
経営情報と一口に言っても、営業データや経費データなどあり分析手法によってもそれぞれ必要なデータは変わってきます。
それらを集計し分析することが必要になります。

3.データの可視化

各種収集、分析したデータは各種グラフなどの最適な形で表示することで素早く必要な情報を読み取れるようになります。
またレポート機能やデータのエクスポート機能、アラート機能など様々な機能をBIツールによっては利用が可能です。
データベースやCSVなどの各種ツールとの情報連携や複数のデータソースとのデータ統合機能などのデータの収集・蓄積・統合機能、また必要な情報のみを抽出して分析するデータの集計・分析機能。
各種グラフなどの最適な形で表示するなどのデータの可視化・ビジュアル化機能を搭載しています。

BIツールを導入するメリット

BIツールは様々な機能を持っていますが、BIツールを利用することで企業はどのようなメリットがあるでしょうか?
BIツールを導入するメリットについて詳しく見ていきましょう。

データをリアルタイムで共有・確認ができる

売上、経理、原価管理、予実管理などから各種、経営指標を可視化させることで迅速な経営判断が可能になります。
また部署間を超えて事業の進捗を確認することで全社的に目標に対する意識付けをすることも可能です。

高度なデータ分析が可能

BIツールには各種分析・レポーティング機能を搭載している為、使いこなせば専門的な分析も可能です。
データの相関関係やデータビジュアライズによって分かりやすく可視化することも可能です。

レポートや報告書の作成の手間を削減

データを自動で集約し可視化出来るため、日々のExcelレポートの入力や統合の作業が不要になり作業の軽減も見込めます。

問題や課題の早期発見が可能になる

データをリアルタイムで可視化することで迅速に問題や課題が把握出来るようになるほか、BIツールによっては売上や経費などのデータをトリガーに通知送ることも出来るため報告を待たずに問題を把握することが可能になります。

BIツール導入への課題

BIツールは適切に運用できれば企業にとっては素晴らしい効果を発揮しますが、適切に導入・運用しないと誰も利用しないといった事態も発生しかねません。
BIツールを効果的に運用・導入する為にもここでは課題を詳しく見ていきましょう。

導入の目的

BIツール導入にあたっては、誰がどのような目的で利用するかを明確にする必要があります。
また全社的に利用しあらゆるデータを可視化したいような場合でも優先付けして、重要度の高いデータから可視化していく必要があります。

必要なデータをどこに保存されているか

目的の策定後は必要なデータがどこにどのように保存され、いつ更新されるかを把握する必要があります。
BIツールによって連携できるデータは違うため、導入してもいざ連携できないとなるとデータを加工する手間や余計なコストが発生してしまいます。
また必要なデータが紙で保存されている場合など、デジタル化されていないと、収集が出来ませんので当該業務のデジタル化を優先して行う必要があります。

データ分析

BIツールを導入しデータの可視化と共有が実現しても、適切なデータ分析と継続的な改善がなされなければ意味がありません。
データ分析によって課題を把握し、多方面から定量的にデータに着目し適切な対応と継続的なデータの監視がBIツール導入効果を最大化する方法です。
効果が得られにくい場合には専門のコンサルティングを受けるのも一つの手です。

BIツールの代表的なサービス

Microsoft Power BI

マイクロソフト社が提供するBIツールです。
一部機能を無料で使えることから、誰でも使い勝手を確認でき導入もイメージしやすいです。
まだ同じマイクロソフト社が提供するExcelやAzureなどの連携も容易で、Microsoft社のサービスの利用が多いなら導入の敷居も下がります。
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/

Looker Studio

Googleが提供するBIツールで基本的には無料で利用できます。
Google AnalyticsやGoogleAdsense、スプレッドシートなどGoogleのサービスと簡単に連携可能です。
Googleアカウントがあれば誰でも簡単に共有が可能です。
用途によっては低価格で利用可能です。
https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/data-studio/

Tableau

元々は独立した企業でしたが、セールスフォース・ドットコム社に買収されセールスフォースのグループ企業のTableauとして提供されています。
BIツールの中でも代表的な存在でSalesforce CRMとのネイティブな統合や高度なビジュアライズ分析が可能です。
Tableauをユーザー専用のコミニティもあり本格的なデータ分析に取り組みたい方にはオススメですが、その分価格も高めです。
https://www.tableau.com/ja-jp

MotionBoard

ウイングアーク1st社が提供する国産のBIツールです。
3Dマップや地図機能などビジュアライズに優れています。
またクラウド版のほかパッケージ版も用意されています。
https://www.wingarc.com/product/motionboard/

Qlik Sense

QlikTech社が提供するBIツールです。
ITに詳しくないユーザーでも直観的に操作が可能です。
https://www.qlik.com/ja-jp/products/qlik-sense

システム導入事例

下記の例では実際にLooker Studio(旧GoogleDataPortal)をBIツールを導入した例になります。
CRMから各種営業データを基に受注状況と商談状況を一目で可視化した例になります。
顧客セグメントやフェーズなども細かくグラフ化することで、受注状況の見通しを可視化し営業活動を最適化することが可能になります。

BIツールの導入支援ならお任せください

SaaSisではBIツールの導入支援から他システムとの連携まで一括して対応致します。
最適なBIツールの選定やBIツールに伴うデータ整理やDWHの構築、各種データのグラフ化など一元的に対応させて頂きます。
SaaSisでは特定の製品に捕われない全体最適の視点で、BIツールの対応のご提案が可能です。
BIツールに対応したシステム導入やデータの可視化の事ならぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

  • URLをコピーしました!
目次